有明、湾岸地区は危険なのか?

有明、湾岸地区は危険なのか?

皆さんは有明についてご存知でしょうか?

  • 東京ビックサイト
  • オリンピックの会場
  • タワーマンション
  • 工場地帯

様々な印象をお持ちでしょうが、この記事を読んでくれているあなたは

「埋立地だから地震が起こったら危ないのではないか」

「埋立地だから水害が危ないのではないか」

といったことを思っているのではないでしょうか?

確かに、そういったことを書く人も多いですね。


でも本当にそうなのでしょうか?

別に専門家でもないですが、私は有明に住むことを決めるまでに調べたことを皆さんにも共有できればいいなと思います。

公共団体が出している情報が多いので正確性は高いと思います。

ハザードマップ

まずはハザードマップを確認しました。
ハザードマップでは以下の災害についての情報を得ることができます。

  • 洪水
  • 土砂災害
  • 津波

土砂災害がないのはわかりますが、洪水も津波もリスクは低いんですよね。

意外ですよね。

なんとなく湾岸地区って海が近いこともあって津波のイメージがあると思うのですが、津波についてはリスクが低いです。

ちなみに、津波のリスクが低いのか気になったので調べてみたところ以下のような情報を見つけました。

東京湾は外洋からの入り口が狭く、中で広がっている形状であることから、外からの津波が湾内に進むにつれて増幅するような現象は起こりにくいと分析されています。また、東京湾及び河川流域において、高潮対策として防潮堤や水門、陸こうなどが整備されていることから、江東区内に大きな津波が押し寄せて来る可能性は極めて低いと考えられます。

https://www.city.koto.lg.jp/057101/bosai/bosai-top/taiou/guide_7068_7085.html

なるほど、東京湾の形状によって波の高さが分散してくれるのですね!

徳川さん江戸を選んでくれてありがとう( ´ ▽ ` )

ちなみに、武蔵小杉で多摩川が氾濫したのは下水の処理の仕方らしく、
東京都下水局によると、有明は「分流式」という武蔵小杉とは違う方式なので安全らしいです。

江東区の防災マップ

江東区が発行している防災マップでは以下についての情報を得ることができます。

  • 建物倒壊危険度
  • 火災危険度

これは大丈夫ですね。

木造建築が多い地域などのリスクが高くなっていますが有明のリスクは低いです。

江東区の洪水、高潮ブックレット

ちょっと情報をまとめて欲しい気もしますがwww

江東区から洪水、高潮ブックレットという資料も発行されているのでこちらもみてみます。

洪水についてはハザードマップでみたので高潮についてみてみます。

江東区やばいですね。

満潮時の海水面よりも低いからしょうがないですが、高潮は怖いですね。


しかし、有明はなぜか大丈夫で、むしろ避難地区に指定されているんですよね。

東京港湾局によると地下空間に災害に強い整備があるとのこと。

埋立地だからこそちゃんと整備してくれたのだと思います。

液状化

最後に液状化についてみていきましょう。
東京都建設局の液状化予測が以下になります。

ついに、リスクありに判定されてしまいました。

まあ、東側がほぼ全滅なのでしょうがない気もしますが、液状化についてはリスクがあります。

ですが、マンションのHPとかみてみても、長い杭を打ち込んだり、対応されているところが多いです。

なのでマンションの倒壊とかにはならないと予測している人が多いようです。

もちろん、家のまえの道路が液状化になって、多少家に閉じ込められるかもしれませんが、死につながる災害ではないと思います。

まとめ

どうでしたか?
意外に有明、湾岸地区って安全だと思います。

液状化についてのリスクはあるものの、
死んでしまったり、
住む家がなくなるような災害ではないと思います。

もちろん、半蔵門とか土地がしっかりしていて、火災対策がされているマンションが多いところが安全だとは思いますが、、、

高いんですよね。
とても。

西の方はどうでしょうか?

有明地区であれば5000万円のタワーマンション 物件はあるのですが、
西側で同じ値段で探すと築30年のマンションとかになってしまいますよね。
それだと火災のリスクが高かったりして液状化よりも火災の方が影響が大きいと私は思います。


埋立地で危険なイメージはあるものの、埋立地だからこそ対策もしっかり行っている有明は私は安全だと信じ、そして家を買いました。

自然のことなので責任は持てませんが、私が調べたことがあなたの役に立てれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。