ライティングに重要なINFRANとは グロービス学び放題の感想

ライティングに重要なINFRANとは グロービス学び放題の感想

コロナで在宅勤務になると、メールでの仕事が増えますよね。


でも毎日メールを書くのは大変じゃないですか?


時間もかかるし、気をつけないと相手に正しく伝わらないし。。。

「文章が長すぎて読むのが疲れる。」
「結局どうして欲しいのかがわからない。」


などなど、 言われた経験ありませんか?

私も文章を書くのが苦手でした。
しかし、それを克服するべく、今回はライティングについて学んでみました。

学んでみると基礎を知らないから苦手意識を持っていたんだなと感じて、今では苦手意識は無くなりました。

学んだのはこちらのグロービスの学び放題の講座からです。

グロービスのビジネス動画が見放題

ライティングに大切なことは?

「箇条書きを使ってみやすくしろ。」
「読む人を想定しろ」
「読んだ人にどうして欲しいかを考えろ」

などなど、
上司から言われた事はあります。

でも本当に大切なことってなんでしょうか?
一部のTipsだけ知っていても本当に理解しないと臨機応変には対応できませんよね。

動画では以下の点を中心に体系的に説明してくれました。

  • いい文章とは?
  • 読んでもらう工夫
  • 印象を残すためには?
  • 意図を正しく伝えるには?
  • わかりやすいセンテンスとは?
  • 文章を書くプロセス




細かい内容は動画を見てもらえればと思いますが、ここでは印象を残す方法について取り上げたいと思います。

印象を残す文章 = INFRAN

「丁寧で、読みやすい文章にはできるけど、なんだか平凡な文章になってしまう。。。」



印象に残すために大切な8つのことを講義では説明してくれました。

  • Interest : 読み手の問題意識や関心に沿って文章を作る
  • New : 読み手にとって目新しい情報を提供してあげる
  • Focus : 多くを語りすぎず、ポイントにフォーカスする
  • Rhetoric : レトリック(修辞法)を使う
  • Aspiration : 熱い思いや信念を伝える
  • Nature : 書き手の人となりが伝わるような情報も加える


これの頭文字をとってINFRANです。


「ん?なんだよ。当たり前じゃないか。」


って思いましたか??

私は正直思いました。

でも、これって本当にあなたはできていますか?

実践してみると、意外とできていないと思います。
最初はINFRANをみながら文章を書いてみることをお勧めします。

そして、「自分はFocusはできるけどRhetoricが苦手だな」のように自分を知ることが大切だと思います。

こんな方にお勧め

  • 文章、メール、資料作りが苦手な方
  • 文章を書くのに時間がかかってしまう方
  • メールがわかりづらいと言われたことがある方
  • 新卒でまだビジネスについて教わってない方

まとめ

この時代だからこそ重要なライティング。
あなたは一日のうちに何時間文章を書きますか?

平均1時間はメールを書いているというデータもあります。
資料作りや、Chatも入れたら一日の内の半分は文章を書いていると言っても過言ではないのではないでしょうか?
それほど重要なスキルなのに、勉強しないのはもったいないと思います。

ぜひ、あなたも勉強して、日々の業務の効率をあげてみてはいかがですか?

最後に、グロービス学び放題の簡単な紹介をします。

グロービス学び放題は1年間プランでも半年プランでも月々2000円以下で300講義,2700本の動画を見放題です。

サンプルを見てみたら質の高さに驚くお思います!

興味がある方はぜひ受講してみてください。

グロービスのビジネス動画が見放題